Pages

2012/10/14

香水の衣替え


10月も第3週になって、いよいよ秋めいてきました。

衣替えの季節ですね。
半袖から長袖へ。クロックスからブーツへ。


服と一緒に香水も衣替えをしました。
春夏モノから秋冬モノへ。
爽やかな柑橘系からオリエンタルな濃厚系へ。

めんどくさがりなので、季節ごとに使う香水はいつも同じです。

春夏は「ルチアーノ-ソプラーニ-ウォモ」
8年前から使っていて、フルーティーウッドな爽やか香りで、トップのベルガモットの香りとは特に相性が良いと感じています。

秋冬は「JUST ME フォーメン」
こっちは6年前から使っていて、スパイシーな香りが気に入ってるんだけど、香りがきついので1プッシュ以上吹きかけると完全にオヤジ臭なので注意が必要です。

秋冬モノの独特のオヤジ臭スパイシーな香りが鼻に入ると、秋冬のいろんな思い出がよみがえったかのように、どこか懐かしい気持ちになります。


香りがそれにまつわる記憶を想起させる現象は"プルースト効果"と呼ばれているのだそうです。
一説によると、脳の中の香りを処理する場所と、情動を処理する場所が近い場所にあることで、このような現象が起こるのだと考えられています。

香水やシャンプーの香りで過去の人を連想させるのも、ポップコーンの香りで映画館の雰囲気を感じるのも、こういった働きが関係しているのかもしれません。

本来だったらこの機能は「ん!?…この匂いは、ヤバイ方の奴や!!」とか危険を回避するために使われるんだろうけど、懐かしさを感じてしあわせな気分になることもできるなんて、なかなか粋な機能ですね。

2012/10/06

早起き日記【9月】

いまの会社でもう4年7ヶ月働いてるけど、この1ヶ月は狂ったように忙しかった。

1週間のうちの半分はお客さん先へ出向いて仕事。その間にも自社内でやらなきゃいけない仕事が溜まっていくと言う無限ループ。

そんなに疲れを感じなかったのは、死を通り越して半ばゾンビ状態だったから。
回復魔法も効果はなく、聖水or万能薬待ちの毎日。
某ファンタジーゲームでは、全員ゾンビ状態=全滅なので部署はもうとっくにゲームオーバー。

その反動なのか、10月の案件は少し落ち着くみたい。
いまは万能薬を飲んでゾンビ状態は解消。心の中に「形見の指輪」を装備して、10月以降は新しいスキルを求めてジョブチェンジ予定。